たまらんっ鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズとともに生きるブログ。略して「たまかし」

名古屋戦の展望

今日はホームで名古屋と対戦です。

今季はルヴァン杯で辛酸を舐めさせられるという屈辱を味わっていますので
アウェー対戦に続き、今日のホームでの対戦でも勝っておきたいです。

そんな名古屋戦に向けての希望スタメンはこちらです。

 

GK:沖
DF:小泉、犬飼、奈良、永戸
MF:松村、三竿、レオ・シルバ、和泉
FW:荒木、エヴェラウド

 

まあ、絶対にこうはならないと思います。
きっとザーゴはいつものこのメンバーで挑むのではないでしょうか。

 

GK:沖
DF:小泉、犬飼、町田、永戸
MF:アラーノ、三竿、レオ・シルバ、和泉
FW:土居、エヴェラウド

和泉を偏重するザーゴですし、古巣対決ということで和泉を絶対にスタメン起用するでしょう。

問題はアラーノ。
アウェーゲームで勝利した時はスタメンはアラーノではなく荒木でした。
これが非常に効いていました。
実力もポテンシャルも圧倒的に荒木が上なので、
荒木をスタメン起用できるかどうかがザーゴの監督としての能力を見定めるポイントになるでしょう。
荒木をスタメン起用するならちょっとだけ見直しますが、
アラーノを起用して、正確性を欠いた弱いシュートや、
カウンターのスピードを激減させる横パスを連発するようだと泣けて来ますので、
アラーノを起用するならそういう助っ人とは思えない中途半端なプレイを矯正しておいて貰いたい。

CBは前節完封できたことで町田の起用が予想されますが、
名古屋の攻撃のスピードにどこまで対応できるのか注目です。


ここは奈良で行って欲しいというのが正直な気持ちですが、
奈良をとことんまで干すというザーゴなので、ベンチ入りすらさせないでしょうから、
町田でも関川でも良いから、とにかくしっかりと守って欲しい。
秋田豊を筆頭に鹿島の歴代のCBは日本代表のCBも担って来ましたので、
鹿島のCBを務める以上は盤石な守備を見せて貰いたい。
守備がしっかりしてこその鹿島ですから。


攻撃に関してはエヴェラウドを活かせるかどうか。
そのためには土居の奮起を期待したい。
やはりトップ下がいかに1トップを活かすかが勝負の分かれ目になります。
怪我以降、精彩を欠くことが多いですが、土居の輝くプレイを見せつけてくれれば
エヴェラウドのゴールシーンが見られると思っています。

とにかく残り8試合、全勝して天皇杯に繋げよう。

残り8試合をどう闘うか

今季のリーグ戦は残り8試合
そして、そのうち6試合がホームゲームということですが、

現実問題としてリーグ優勝はあり得るのかというのを真面目に考えた時、

願望では奇跡の優勝を信じたいというのはもちろんありますが、

首位の川崎が勝点65です。鹿島とは20も差があります。
そして、川崎の残り試合は10試合。

冷静に考えて、鹿島が全勝しても勝点は69ですので、
川崎が残り10試合で2勝した時点で鹿島の優勝はあり得ません。

というところを見て行くと、やはり2位に入って天皇杯に出場する以外に
今季のタイトルを獲る途は無いですね。

というわけで、

本来ならば2位じゃダメなんですけど、
2位にもなれなければ今季も無冠になってしまうので

残り8試合中6試合をホームで開催できるという利点を最大限に活かして
しっかりと2位に入って貰いたい。

しかし、現時点でリーグ戦の消化状況に差があり、
鹿島よりも上位にいるチームはF東京を除いて鹿島よりも少ないのです。

これがやっぱりネックというか懸念材料だったりします。

本来ならば、現時点で首位に立って横綱相撲を見せていて欲しいところなのに、
それを他チームがやってくれているのが本当に悔しいです。

すでに9敗もしてるのが本当に痛い。

というわけで、今後の鹿島としては、課題となっている守備力の安定と
左SB、そして二列目の攻撃力をなんとしてもレベルアップさせる必要があります。

基本に戻って球際での勝負に絶対に負けないという鹿島らしさを取り戻して、
鹿島らしい堅守を取り戻して欲しい。

そして左SBについては、レジェンドである相馬直樹という最高のコーチがいるのだから、
山本も永戸も杉岡も積極的に彼に教えを請うようにすればいいのではないでしょうか。

今の鹿島の左サイドの課題を解消すれば、攻撃力は各段に上がるはず。

連携することが多い中盤の和泉も含めて、残り試合で2位に入るために全力を尽くして欲しい。

ホームゲームの6試合は全勝して、その勢いで天皇杯を獲りたい。

 

 

左サイドバックの課題について

鹿島の左サイドバックといえば、現在コーチをしている相馬直樹というレジェンドを筆頭に アウグストや新井場、そして山本、安西が活躍してくれました。 鹿島が強い時というのは左サイドバックが安定していた気がします。 もちろんそれだけじゃないんですけどね。

ただ、両翼の攻撃と守備がバランス良くできていたからこそ、 安定した勝ち星を積み重ねることができていたのは間違いありません。

今の左サイドバックはどうなのか、というと、 昨年に安西が移籍してしまい、山本が怪我などでなかなか出場できなかったりして 永戸と杉岡という実力者を獲得して盤石な状態でシーズンに挑んだのですが 今ひとつの出来となってしまっています。

前節のDAZNベストイレブンに永戸が選出されていましたが、 率直に言って物足りなさは残ります。

バックパスで逃げるシーンが目立ったり、 クロスが不正確だったりするので、 歴代の左SBの選手と比べるとどうしても物足りないのです。

今季はむしろ右SBの方が不安でした。 広瀬は獲得したものの、内田も伊東も怪我などでコンディションが万全になっていない中で その広瀬が怪我で離脱という事態になってしまっので 「果たして大丈夫か?」なんて思っていたのですが、 小泉が素晴らしい活躍を見せて広瀬の負傷の穴を完璧に埋めるだけでなく さらにレベルを押し上げてくれています。

それだけに、左SBの出来が気になってしまっています。 ザーゴはベテランを排除したいのか山本を起用しませんので 永戸がファーストチョイス、杉岡がバックアップという序列になっています。 能力的に新加入の2人は「行ける」と思います。 問題は、左SBを使った攻撃の構築が確立されていないんじゃないのかな、というところ。

2列目の選手やボランチとのコンビネーションがあってこそSBは攻撃に入れるわけで ここが上手く連携できてないと、個人だけではどうにもならない部分があります。

ポゼッション優先というザーゴの意図があるのかもしれないですが、 オーバーラップを仕掛けるのであれば、効果的なクロスを供給するところまでやって欲しいです。

これまで鹿島には「良い左SB」と評価されて移籍してきたものの、 輝きを放つことなく去って行った選手が何人かいます。 ただ、永戸と杉岡は見ていて、そういった選手たちよりも圧倒的に能力が高いのが分かるので 輝きを放ってくれると期待してしまうのです。

鹿島のレジェンドのSBの1人になれるぐらいの潜在能力は絶対にあるはずなので、 今季の残りの試合でそれを証明して欲しいです。

永戸と杉岡、山本でハイレベルなポジション争いをして、 「やっぱ鹿島の左SBはすげえわ」と言わせて貰いたい。

だって、残りの試合を勝ち進んで天皇杯に出場できるところまでは 絶対に行きたいじゃないですか。