たまらんっ鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズとともに生きるブログ。略して「たまかし」

昌子はG大阪へ

“俺たちの”昌子源はもうすぐ“G大阪の”昌子源そうです。

 J1G大阪にフランス1部トゥールーズの元日本代表DF昌子源(27)が完全移籍で加入することが31日、濃厚となった。キャンプ地の沖縄で取材に応じた松波正信強化部長は正式オファーは提示していないとした上で、昌子側から打診があったことを認め「接触はしている」と明かした。ただ、複数の関係者によると既に条件面の提示も済んでおり、合意に向けて交渉は大詰めの段階で、近日中にも正式契約に至る見込みだという。

 G大阪ジュニアユース出身の昌子は昨年1月にJ1鹿島からトゥールーズに移籍。今季は度重なる負傷に悩まされ、リーグ戦では1試合の出場にとどまっていた。契約を2年半残しているため獲得には違約金が発生する。

 G大阪は3バックを基本布陣とするため、センターバックには一定人数が必要となる。松波強化部長は「(三浦)弦太も夏にオファーがあるかもしれないので考えておかなければいけない」と主力流出に備えたリスク管理についても言及した。

 昌子側は当初古巣の鹿島に移籍を打診したが、鹿島は既にチーム編成を終えていたこともあり、具体的な交渉に発展しなかったという。

(デイリーより)

当初は古巣復帰を目指していたものの、タイミングが遅くて断られたようですね。 鈴木満氏もこれは計算外だったのではないでしょうか。 まさか1年で帰ろうとするとは昌子の性格上ありえないと思ったし、断られた以上はフランスで復帰を目指して頑張るのかなあ、と思っていたのですが日本の医療技術も含めて日本への移籍を優先させたんですね。

しかし、これは悔しいですね。 彼が去った後も3を付けてスタジアムで応援していたサポも多かったですよね。 クラブを象徴する選手として愛され続けていましたし、数年後にきっと鹿島に戻って来て鉄壁の守備を見せてくれると信じていたのですが。

技術も身体能力もサッカー脳もズバ抜けていた生え抜きの選手が他チームに行ってしまうのは、とてもつもない喪失感です。

怪我がどこまで回復しているのか不明ですけど、昌子の加入でG大阪のCBコンビが鉄壁になるということだけは確かなようです。

ああ、残念。ああ、悔しい!

引用元 https://www.daily.co.jp/soccer/2020/02/01/0013079517.shtml