たまらんっ鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズとともに生きるブログ。略して「たまかし」

「明らかなオフサイドが…」

鹿島監督、川崎戦“疑惑”の判定に言及 VAR不採用で疑問符「明らかなオフサイドが…」

新型コロナウイルスの影響でVAR不採用…鹿島のザーゴ監督が判定に言及 鹿島アントラーズがJ1再開初戦となる4日の第2節で、川崎フロンターレとのアウェーゲームに臨み、1-2で敗れた。今季はAFCチャンピオンズリーグACLプレーオフルヴァンカップサンフレッチェ広島とのJ1開幕戦(0-3)に敗れ、公式戦3連敗スタートとなっていたが、この日も勝利を掴むことができなかった。立ち上がりの前半2分に川崎DF谷口彰悟に先制弾を浴び失点。新型コロナウイルスの影響もあり、JリーグがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の実施を見送っているなか、オフサイドとも見えるシーンに疑問を投げかけつつも、後半のプレーには希望を見出した。 無観客で行われた再開初戦。整列入場はなく、集合写真ではソーシャルディスタンスを保つなど“ウィズコロナ”のなかで行われた歴史的な一戦だった。鹿島は元日本代表DF内田篤人が先発メンバーに名を連ね、今季初出場。歓声はなく、ベンチの声が響く異様な雰囲気のなか、試合は序盤から動いた。 前半2分、川崎がチャンスを作る。左CKからつなぎMF家長昭博がゴール前へボールを入れると、右サイドから走り込んだDF谷口彰悟がダイレクトで右足を合わせて先制した。だが、この時谷口のポジションがオフサイドのようにも見え、ザーゴ監督は試合後にこのシーンについて言及した。 「感想は難しいが、立ち上がりで失点して明らかなオフサイドがありながらも、取ってもらえなかった。再開戦で選手も緊張していたけれど、(失点で)過度な緊張をかけられてしまった」 前半30分には2失点目。直後にオウンゴールで1点を返し、前半は1-2で折り返した。後半は徐々に鹿島がペースを掴み、後半には猛攻を仕掛けた。同27分には尚志高校から鳴り物入りで加入した高卒ルーキーFW染野唯月が、途中出場しプロデビュー。1点を追う後半41分には飛び出した染野がペナルティーエリア内で倒されるもノーファウルだった。 新型コロナウイルスの影響で、過密日程になることなどから、VARの実施は今季見送られる。再開初戦から“疑惑”の判定もあり、指揮官は「流れが変わるところがあって残念」と肩を落とした。 公式戦4連敗も…見えた希望の光は高卒ルーキーFW 指揮官「いい才能を持っている」 これで今季はスタートから公式戦4連敗。それでも、後半は鹿島らしい攻撃力を発揮し、希望を見出した。特に途中出場した染野は二度の決定機を演出。後半40分にはバーを叩いてゴールにはならなかったが、強烈なシュートを披露した。18歳FWの堂々としたプレーを、指揮官も試合後に褒め称えた。 「いい才能を持っている選手。練習の中でも集中して要求したことをやろうとしている姿勢に意欲を感じられるし、しっかり磨いて指導して計算できる選手になってくれれば。今日もプレー時間は30分ぐらいだけど、決定的な仕事を演出した。これからいい成長曲線を描いていければ」 連敗を喫している鹿島だが、序盤で課題がはっきりとしていることは収穫。ここから超過密日程で調整する時間は少ないが、きっちりと修正していつもの“強さ”を発揮するはずだ。 (FOOTBALL ZONEより)

 

どう見てもオフサイドですね。

これは線審の判定を待たずとも主審の位置からでも分かるほどラインからはみ出てます。

なんだろう、Jリーグ初年度のチャンピオンシップの判定問題以来、何も改善されてないですよね。 これは2017年のリーグ戦の終盤、特に最終戦でも思いましたけど。

本当に改善して欲しい。 VAR以前の問題。

昨日の試合は本当に結果も残念だし、判定でも残念でした。(こんなレベルでいいのだろうか?) ミスを感情的になって高圧的な態度で正当化するのって、 悪いことをして叱られた奴が、逆切れするのと一緒ですよね。 このミスを後日見返して反省するというようなことがこの審判にできるとは到底思えない。 なぜならば、この審判はこれまでに色んな試合でハンドを見逃したりするなど疑惑の判定が多い。

今季も何度か彼が鹿島の試合で笛を吹くことがあるのだろう。 鹿島は審判も含めて敵が14人いると思って試合をした方がいい。 とにかく勝つためにはゴール。そして無失点。

次こそ審判の忖度ジャッジや疑惑のジャッジやミスジャッジに負けないようにしよう。